2017年02月07日

偏屈な施主



RC3階建ての小田原さんちは

着工して7ヶ月経ち
ようやくようやく昨日、上棟式を迎えることが出来ました。

久しぶりに現場に行くと
もう既に、建築が息をしはじめている気がしました。

昔からここに居たかのような、圧倒的な存在感。

建物を覆っているカバーや足場が
もはや、舞台の緞帳のようにすら見えます。

もうすでに舞台裏では準備が整っていて
幕が上がる瞬間を、今か今かと待っているような。


1)IMG_1475.jpg



凄まじい生命力。


嬉しい嬉しい嬉しい!


2)IMG_1546 2.jpg






前に、小田原さんちについて
こんな記事を書きましたが


ここにたどり着くまでに
色んな障壁がありました。

たかだか住宅レベルの建物なのに
この敷地とくりゃあ、それはそれは偏屈で。


この敷地の以前の所有者も
買ったものの「こんなとこに家なんて建てらんないわ」と
建築する前にさじ投げて売っちゃうような敷地。


ただ、3人の家族が
普通に暮らしていくために
素朴な家をつくりたいだけなのに

地盤と法規と街とが
互いに矛盾し合って、立ちはだかっていました。



土の下には、
建物とほぼ同じ高さである9mの杭が
50数本も敷き詰められることになり

土の上の建物は
ひたすら減量。

ギリギリの間口に暮らすために
コンクリートにぼかぼか穴をあけ
虫に食われた葉っぱ状態から

その穴を、あれやこれやで塞いだ
パッチワーク建築。



そこまでして、ようやく
こぎつけた上棟式だったのでした。



IMG_1725.jpg



そこまでして。



3)IMG_1620 2.jpg



そう、そこまでして、なぜここに建てるのか?




IMG_1522.jpg



多分、それが、家づくりにおいて
一番大事なことで





「この街に、住むのだ」



という
多分、そんな、とてもシンプルな意志だけ。



L1180426.JPG



それが、小田原さんちの家づくりにおいて
障壁を乗り越えるための、よりどころで
ぶれない軸になっていたのだろうなと思います。




この街が好きで
この街の人が好きで
この街とともに暮らすのだ。





という希望を
ただつかみ取ろうとしているだけなのだ。




IMG_1790.jpg




そう思うと
実務的な仕事は多々あるけれど

結局のところ、私の仕事もすごくシンプルで

そんな小田原さんの意志を
ただただ、なんらかの形で現場へ伝え続けるだけ。

究極、それだけで良いんだなと、思いました。


だって、ぶっちゃけ、ほっといたって
きっと素敵になるだろうよ、この家は。



IMG_1786.jpg



よく、施主力施主力、と言いはするけれど

小田原さんの家にとって、
最大の施主力はこの街が持っているし



そうそう、この敷地を含めた街全体が
施主のようなものなんだよな、小田原さんちは。
とんでもなくメンドクサイ施主。

無理難題をいうし、矛盾ばっかだし、、、、
いろんな人の営みや欲求を抱えていて
商店街を守る人たちの、ただならぬ愛情があって。





いや、小田原さんちに限らず
本当の施主力は、みんな、街がもっているんだ。


住宅なんてちっぽけで
個人の力なんて、たかが知れてる。


街という最大の施主力を無視していては
良い家なんて、きっと建たない。
ものすごく大きな力を持っているんだもの。


家が良くなるかどうかは
街の施主力を利用するかどうかに、
8割かかっている。。。。かもしれないなぁ。。







もーーーーーー
小田原さんのとこの街は、偏屈すぎて
やたら、主張してくるもんで
ついつい街をも擬人化してしまったわ、、、、。

でも、
いっぱい聞こえてきたから
多分、もうだいじょうぶだな、と思えるんだろうな。




あと竣工までの2ヶ月、、、なにしようかなぁ。

最後の勝負だもんで
ちょっと気合い入っちゃうなぁ。


西久保さんに
「あと2ヶ月、なにしましょうねー」と聞いたら


「うーん、、、、まぁ、、、、余計なものっていうか
ムダなものを、いっぱい、くっつけたらいいんじゃないかなぁ、、、」と言ってました。



IMG_1746.jpg


ふふふ、それなら得意だわ!!笑





うし。
posted by ニコ at 22:34| 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

神戸と鎌倉の挑戦するスタイル

ホソダです。

あっという間に、1月も終わり、2月に入りましたね。

本当に早い。。。

さて、先週末の「ひとつながりの家」のオープンハウス、
なんと120名近くの方にご来場頂きました。ご来場ありがとうございました。

何よりお住まいになるご家族に感謝、感謝です。

子供たちが本当に楽しそうで、ひとまず安心しましたが、
担当者としましては、まだまだ心の整理がつかないので(笑)、後日改めまして。

さてさて、1月のバタバタでお伝えできておりませんでしたが、
2つのお家が雑誌掲載されております!!

まずは、雑誌 LiVES の Vol91に神戸の「曽根さんの家」が掲載されております!

1.jpg


今回のテーマは、[挑戦する家]。


2.jpg





ぴったりすぎる。(笑)

3.jpg


僕は、取材には立ち会えず残念でしたが、
とても素敵に暮らされているが雑誌をみても伝わってきました。
今年の4月で竣工から3年になりますね、、、、。
子供たちとのかけっこ、楽しかったな〜。
しみじみ嬉しいです。


4.jpg

続きまして、
雑誌 [湘南スタイル]2017年2月号に鎌倉の「中道さんの家」が掲載されております!

5.jpg

取材に立ち合わせて頂きましたが、ライターさんが、
「いわゆる○○風の家、ではいいあらわせないお家ですね。。。」と、
最初戸惑いながらも、徐々に楽しそうにされていたのが伝わってきて、嬉しかったですね。


神戸と鎌倉それぞれの

[暮らしに挑戦するスタイル] を

是非とも手にとってご覧下さい。


ホソダ
posted by ニコ at 23:28| 雑誌掲載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

飛びますよ〜


th_1.jpg

お〜。

th_2.jpg

ここはどこだ?

th_3.jpg

おお〜。

th_4.jpg



th_5.jpg

おおお〜〜〜〜〜〜〜。

なんかカッコよくないですか!?

あ、大丈夫ですよ。

あってます。

ニコのホームページで間違いないですよ。(笑)



あけましておめでとうございます!!!


新年のスタートは、昨年末の牛島のまとめにございました
ちょーヘビー物件3連チャン(笑) を早速ですがチラ見せです。

産まれますよ〜。

飛びますよ〜。

一気にじゃないですよ!

ゆっくり、順番にです。(笑)

本年もよろしくお願いいたします!


ホソダ
posted by ニコ at 21:07| 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

2016年まとめ

うしです。


さて、今年もあと残りわずか。

ああ、楽しかったなぁ、2016年も。

新たなお施主さんや職人さん方にも出逢えて
来年への期待が増々高まります。

きっと絶対楽しいはず。





今年を振り返ると
年明け一発目に
5年越しの設計、大山さんの家が出来上がりました。

オープンハウスの様子

大山さんはしきりと、
「うちは普通の家ですから。
他のニコさんのおうちと比べて
普通の家ですから、、、、」って仰いますけど

こんなドデカイ植木鉢のあるおうち
まぁ、、、普通じゃないですけどね。。。

早速、雑誌の取材も入りましたし
瞬く間に大山家仕様になったキッチンが大活躍。

きくちさんとウシは、月1くらいで
「大山さんのごはん食べたーい」とつぶやいています。



そして、4月は
鎌倉の中道さんち、大宮の小熊さんち
2軒ほぼ同時竣工。

細田さん、お疲れさまでした。笑


中道さんちのオープンハウスの様子


中道さんちは、店舗併用住宅ですし
間口も広く、おうちのボリュームは大きい。

だけど
いろんな人、いろんな素材、いろんな用途、いろんな願い

それを受け入れる隙間が散りばめられていて
街のようなおうちだなぁと思いました。

すてきな人やモノを惹き付ける才能、
並々ならぬ嗅覚を持っている中道さんにとって

きっと「家族だけの」「家」では
器が足りないから

街をつくったんだろうな。

差し出した分だけ
手に入れることの出来る
「中道」のある小さな街。


中道さんのおうちも、
神奈川県建築コンクールの名誉ある賞を頂き
数々の雑誌にも掲載されました。

中道さんさまさま、
今後も、どうかニコに関わってくださいね。





それから、オープンハウスは出来なかったけれど
実はひっそりと完成した、大宮の小熊さんち。


つい先日、ニコみんなで遊びに伺ったのですが

まさに、施主力全開!!!
脱帽のオシャレハウスと化しておりました。


IMG_4028.jpeg


IMG_4295.jpeg


IMG_4264.jpeg


IMG_4103.jpeg


IMG_4198.jpeg


IMG_4072.jpeg


照明や家具を選ぶときは
どうしても、控えめに小さいものを選びがちですが

小熊さんの
「ワンサイズ大きめ」は
ぜひ見習いたいなぁ。


しめしめ、こりゃぁ来年は
お披露目会兼、なにかイベントが
出来そうだぞ。。。。とはにかむウシでした。




そして、5月は
若井さんのおうちが完成しました。

オープンハウスの様子


おうちの前に着いて、一番に最初に
こう思いました。

「あれ、なんかこの家、若井さんに似てきたような」と。


家は飼い主に似るとか、そんな言葉があったっけ。
とにかく、おうちの表情が若井さんそっくりに思えて
笑っちゃいました。不思議だなぁ。

それにしても、若井さんちも
「ニコっぽくないおうち」を目指して
いろいろ葛藤したわけで

暮らしぶりはいかほど、と
少し気になっていたのですが

うう、さすが。
既に住みこなしてある。

そういうのを見ると、
なんだか勇気をもらえます。

これだけ素敵に住んでもらえるのなら
もっと攻めても良いのかな、と。。。。。

そうそう、来年は攻めの姿勢で。。。




そして、7月。
吉祥寺の島岡さんちが完成しました。

オープンハウスの様子
入居後の様子


島岡さんのおうちはですね
ニコの総まとめか、っていうくらい
いろいろ詰め込んだおうち。

食レポならきっとこう言いたくなるでしょう。

「ニコの宝石箱や〜。」

、、、、



これだけ全部盛りなのだから
工務店さんもさぞかし大変だっただろう。

実はニコも
3人がかりのビッグプロジェクトでした。


そんな盛り盛りなおうちも
伺ってみると、すっかり島岡さんのおうちになっていて

テラスで焼いた、サンマ
最高に美味しかったなぁ。。。


もう1回オープンハウスがしたいなぁ。
いや、1回といわず、3回くらい。

1回行ったくらいじゃ、盛りだくさんすぎて
全部吸収出来ないですからね〜。



島岡さんちから
5ヶ月くらい間があいて

すっかり寒くなった、12月。


実はひっそりと
花小金井で、リフォームの齊藤さんちが
完成しました。

工期も短かったので
なかなか、お披露目のタイミングがなかったのですが

いつか、オープンハウスが出来るといいなぁ。



IMG_0457.jpeg


IMG_0474.jpeg


IMG_0321.jpeg


IMG_0546.jpeg


IMG_0567.jpeg


IMG_0492.jpeg


IMG_0408.jpeg


IMG_0250.jpeg


リフォームって、難しかったなぁ。
進め方にしても、工事にしても。

お引渡しはしたけれど
なんとなく、「まだまだ、これから」と
勝手に思っていて

今はひとまず、休憩、というくらいで
これからがきっと楽しいだろうな、と。

うーん、でも楽しみはとっておこう。
もう少し、齊藤さんの暮らしが
根付いてくる頃まで!





そして、今年1年の締めくくり。
まだ記憶に新しい、太田代さんちが完成しました。

オープンハウスの様子



遊びにきたこどもたちの
のびのびした様子を見て

ああ、いいおうちだな、って
しみじみ思いました。

グリッドに乗っとった四角形のおうち。
特別、奇を衒ったわけでもない。

この縁側と深い軒下。
どこにいても木の匂いがして、
ここちよければ、それでいいのだ。

そんな素朴さが一番、太田代さんらしかったんだなぁ。




なんだか、最後に原点回帰!という気分になれました。

太田代さんちが完成して以来、
ずーっと、気持ちが晴れやか。


さて、来年は、、、、、


きっとそんな晴れやかな気持ちも
すぐに吹っ飛ぶでしょう。。。



年明けから、ちょーヘビー物件、3連チャンいきますよーっ!



来年もどうぞよろしくお願いします!
posted by ニコ at 20:37| うししし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

現場らしからぬ風景



思えば。


太田代さんちは
着工した当初から

「現場らしからぬ風景」ばかりだったな。


地鎮祭の写真を見返すと
海の写真ばかりだし、、、、

基礎の写真を見返すと
新築というよりも遺跡みたいだし、、、、

上棟式の写真を見返すと
お祭りみたいだし、、、、、。





上棟してからは

お母さんとお子が、
職人さんたちに差し入れをしつつ
お子を寝かしつけ

寝てる間に、離れにこもって、施主工事。

夕方頃、仕事を終えたお父さんが
現場に「帰って」くる。



そんな太田代家の1日のリズムが
既に出来つつありました。



そんな毎日だったからか
すでに引っ越す前から、ご近所付き合いがはじまり

お向かいさんから差し入れを頂いたり
近所の子どもたちが学校帰りに
「赤ちゃんは〜?」と聞きにくる。





そんな、現場らしからぬ風景。






そして、先週の施主施工。


DSCF7583.JPG



 DSCF7503.JPG



DSCF7506.JPG



DSCF7507.JPG




食堂は、既に食堂で


DSCF7534.JPG


DSCF7548.JPG


DSCF7564.JPG

ベンチは即席キッチンに。




DSCF7536.JPG


作業場は、広い庭。




DSCF7569.JPG


お父さんの離れは、大人の思い耽る場所に。



DSCF7543.JPG


子どもはやっぱり外にでたがり

DSCF7531.JPG

大人が、代わる代わる追いかける。



DSCF7584.JPG


ママ友同士、子どもをおぶって
手を動かし



DSCF7593.JPG



DSCF7595.JPG


疲れたら、ティータイム。



DSCF7559.JPG



DSCF7500.JPG




これまで散々、
「太田代さんち、学校っぽいから、
ほんとに学校か、保育園でもしたらいいのにね〜」なんて
言ってたせいか

居間から、一段下がった客間は、
シメシメ!すでに保育園。

DSCF7580.JPG



DSCF7179.JPG

黒板代わりの、お知らせ掲示板もあるし。



attachment00.jpg

おむつが落ちてる現場も、他にあるまい。








とにかく、



太田代さんちの現場は

もう、すでに、「太田代さんのおうち」になっていた。





なんだか、
「まだ赤ちゃんだと思ってたのに、
いつの間にか、立派に成長してた」

という、気分。




事務的には
「お引渡し」をしたその瞬間から、
お施主さんのモノになり、

お引っ越しをしてはじめて
「家」としての機能を持ち始めるわけですが



本当の意味での「お引渡し」は
1日でパキっと切り替わるものでなく


じんわりじんわり
工務店さんから、お施主さんへ

少しずつ、
渡っていくものなのでしょうね。














こんな風景が見られたのは

ひとえに、村上建築工房さんのおかげ。



ここまで、お施主さんと現場のつながりを
持たせてくださったことに

本当に頭が上がりません。


この風景は
きっと、監督の長谷川さんの
たくさんの気配りと、現場への愛情が
あってこそ、実現したもので


太田代さんちをお願いして
本当に本当に、良かった。




あと、1週間。


どうか、無事に

びしっと、、、、、、

お引渡しできますように。




















最後に1つだけ言いたいこと。

現場って、やっぱりとても危険なところです。

そして、職人さんたちは
その日その日が勝負なのです。

指揮をとる監督さんも
たくさんの現場を掛け持ちしている職人さんも

「現場を安全に、滞りなく終わらせること」

それをいつも、考えてくださるのです。


私たちですら、ヒヤッとすることや
身の危険を感じるときがありますし

そんなときは、躊躇無く監督さんに怒られたりして、、、
普段は和やかにしていても
現場で働く人の危機監理の徹底ぶりは
本当に関心するほどです。



だから、
現場の途中で、施主施工をすることは

「危ない」と捉えられることの方が
ずっと多く
安全性を確保出来なければ、断られることもあります。

それは、工務店さんの良い悪いでは決してなく

少しでも危険なことは見過ごさない、という
責任感や、現場を守る気持ちが強いからこそなのです。


だから、
どうしても
施主施工の範囲は限られてきます。

私たちも、アレもコレもやりたい気持ちはあれど
節度をもって計画しなくては、と思っています。


今回、たくさん施主施工をしましたが
たぶんすごくレアケースなので

これから現場がはじまる方
すでに工事中の方、、、、、



、、、、、。


、、、、、。



工務店さんが許してくれる
ギリッギリのラインを狙って

出来るだけ、施主施工をやりましょう!笑




うし。
posted by ニコ at 22:43| 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

養生が外れるとき

西久保さんのブログに取りあげられておりますが、
中道さんの家が神奈川建築コンクールで優秀賞を頂きました!

めでたい!

th_n1.jpg

そして表彰式の翌週には雑誌の取材でまた中道さんのお家へ!

ありがたい!

th_n2.jpg

担当として関わらせてもらった者としては、やはり格別の喜びがあります。

th_n3.jpg

受賞を目指して日々頑張っているわけじゃないんですが、
例えていうなら、、、、

我が子の運動会での活躍が気になるような感じ?でしょうか。

頑張って走ってくれてればそれでいいんですけど、
やっぱり結果が少し気になるような(笑)。

おそらくそんな感じだと思います。

th_n4.jpg

受賞にあたり色々思い返したのですが、
中道さんの家で僕が一番印象に残っているのは、


「養生(ようじょう)」が外れた瞬間です。


th_n5.jpg

現場では最終的に見えてくる仕上げが
汚れたり痛んだり壊れたりしないように、
その保護としてシートやベニヤなどで覆ってあげるのですが、
そのことを「養生」と言っています。




今だから言えますが、
中道さんの家は、オープンハウスの前日の夜まで
どんな仕上がりなのか全く把握できない状態で(苦笑)、

何も手を出せない設計者は地道に掃除を手伝いつつも、
やばいよ、やばいよの出川状態だったんですが、、、。

th_n6.jpg

一気に養生がとれた瞬間、、、
なんじゃこりゃ〜!。。。の松田優作状態で(笑)、

とにかく感動してしばらくその場に立ち尽くしていました。
しばらくその場を離れたくないような、
少しさみしいような気持ちになったのも覚えています。


th_n7.jpg

「養生が外れる」というのは、
その文字の通り、守られながら生きていくことから外れるって意味で、
たぶんですけど、「あ〜もう大丈夫だな」と、
確信する親の気持ちに近いんでしょうかね〜。

th_1s.jpg


th_2s.jpg


th_3s.jpg


th_4s.jpg


つい先日、
花小金井の斎藤さんの家におじゃまさせてもらったのですが、
徐々に養生がはずされていく様子をみて、
中道さんの家でのことを思い出しつつ、そんなことを感じてました。


th_5s.jpg


豊かな緑道のそばで、また新しい暮らしが始まります。

これからが楽しみですね。

ホソダ
posted by ニコ at 21:50| 竣工後のおうち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

あと半月



あと、半月で

駅弁食べながら、
特急わかしおに揺られる千葉通いも
終わりかぁ。。。。


まぁ、終わってからも
行きますけどね、、、、。



DSCF7301.JPG



DSCF7254.JPG



DSCF7263.JPG



まだまだまだ、ご提案したいこと
アイディア、たくさんあるけれど



DSCF7267.JPG


DSCF7278.JPG


DSCF7369.JPG



DSCF7372.JPG


太田代さんちには、
ガッツとアイディアにあふれ
施主塗装に留まらず、「施主断熱材貼り」も「施主ボード貼り」も
お子をあやしながら、コツコツやっちゃう奥さんがいるから

きっと、住みながら
とーーーーっても素敵なおうちに
してくれるだろう。




DSCF7376.JPG

↑もう、手さばきは職人さん。



楽しみだなぁ!


うし。

posted by ニコ at 19:55| 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

実感は遅れてやってくる。




もうすぐ竣工1年になる
あささんのおうちにお邪魔してきました。


近いので、ちょこちょこ
伺ってはいましたが

もうすぐ1年なんだなーと思うと
突然、感極まってしまい

壁や床をサスサス、さすりまわしてきました。



かわいいなぁ、かわいいなぁ
ここなんか特に、かわいいなぁ。。。

なんてかわいいヤツなんだ。このおうちは。。







色々、挑戦させてもらえたなぁ。

あささんはいつも、ニコニコ
「うしちゃんがそこまで言うなら、いいよー」と

色んな提案を受け入れてくれていたなぁ。



わたしなんて、ぴよっこで
勢いだけがとりえで
あとはなーんにも、持ってなかったのに。







おおらかで、でもちょっぴりクセのある
あささんとの家づくりは
とてもとても、楽しかった。

この歳で言うのも気恥ずかしいけれど
なんだか、青春という言葉が
ぴったりだと思うくらい、
がむしゃらで、楽しい日々だった。





そんな大切な日々のことは
やっぱり一度には消化出来ないもので

1年たって、ようやく少しずつ
俯瞰して見れるようになってきました。


うーん、でもまだまだ
時間がかかりそうだ。






とりあえず、突然押し寄せてきた
なんかよくわからない感情の波は


壁をさすりまわして、解消してきました。






これからもサスサスしに行きますね、、、、。



うし。
posted by ニコ at 16:58| 竣工後のおうち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

そのままにしたい症候群

これまで現場途中に

何度この症状に襲われたかわかりませんが、

引っ込んでいたものが久々にでてまいりました。


th_1.jpg


そいつは急にやってくるのでホントに困ります。


見えない前提でつくった下地が、
見せるつもりの箇所よりカッコイイかも。



ということが現場だとたまにあったりします。


th_2.jpg


例えばこの木の骨組み。


th_3.jpg

コンクリートの床をつくるための型枠(下地)です。


コンクリート打ち際に合板だけだと歪んでしまうため、
角材をある程度のピッチで入れるのですが、
職人さんが安全をみて通常より細かいピッチで入っているためか、
なんとも繊細な表情がうまれています。


th_4.jpg

下地となる木枠のほとんどは、コンクリートを打った後に捨てられてしまいます。

いや〜もったいない!

これはこのままの方がいいでしょ!

型枠なんだから飽きたらはがせばいいし(笑)!

っと思って本気で職人さんたちに聞くんですが、

「見せるつもりならもっと丁寧にやってるし、みっともないからやめてくれよ。」

とか、大抵言われてしまいます。


th_5.jpg


でも見せるつもりでやっていたら、たぶんこういう表情にはならないし、
わざわざそんなことしなくていいでしょ。となっちゃうわけで、
やはりこの表情は、この一度きりしかないのです。


th_6.jpg


なのでそれを残すためギリギリまでジタバタするのですが、
それを残すことが現実的に可能なのかどうか、
性能的に問題はないのかどうか、
何よりお施主さんにもそれに共有してもらえるかどうか!?


検討し、共有するには少し時間が欲しい、、、。


でも、現場は待ってくれないのです。


th_7.jpg


明日、コンクリート打ち。


さて、くすかめさん、くのさん、


どうしましょうか?(笑)


ホソダ
posted by ニコ at 20:09| 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

ただひたすらに



先日、地元鳥取の高校時代の同級生
東京で展覧会をしているというので見に行ってきました。

高校時代から絵が上手な彼でしたが、
まさかアーティストとして展覧会を開くようになるとは、、、。

卒業以来一度も会えていないのですが、
田舎者ほど地元の友人の動向は気になるものです。(笑)




さて、その展覧会の彼の絵 、、、、、



僕はアートのことは詳しくありませんし、
友人が描いたものだから
感情移入してしまっているのかもしれないですが、




th_1.jpg




とても素晴らしかったです。



th_2.jpg


森とか海とか山とか空とか、
そんな風景を眺めているみたいにとにかく飽きなくて、
癒されました。


th_3.jpg


それと同時にこれらの絵を描くにあたり
彼が注ぎ込んだであろう凄まじいエネルギーと
気が遠くなるような時間を想像して胃が痛くなりましたし(笑)、
ちょっと泣きそうになりました。


th_4.jpg



「高校卒業してからずっーと絵を描いてたよ!」



th_5.jpg


久々に連絡した際のそんな言葉がすごく印象的でした。


13年間。。。


13年も、なのか、
まだ13年か、なのか、


捉え方は人それぞれだと思いますが、
ただひたすら一つのことを続けるというのは、簡単なことではないと思います。


th_6.jpg


僕らの仕事も極論すると、
ただひたすらに[線をひく仕事]でもあります。


出会うお施主さん、ご家族には、
誰一人として同じ方はいませんし、
出来上がるお家も全部違いますが、
正解のないところを目指して線をひき続けることに、
時々気が遠くなることがあります。(笑)


th_7 .jpg


でもそれを続けられる原動力があって、
それはなんなのかって話なんですけど、、、。










もちろんそれは、内緒です。(笑)


ただ、たぶんその友人も同じなんじゃないかな〜と(勝手に)感じました。


だから、
ただひたすらに、描き続けられる。
ただひたすらに、線をひき続けられる。


ホソダ
posted by ニコ at 00:22| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする