2014年02月28日

ニコという生き物。


うしです。

ニコってなんでニコっていうんですかって
最近、よく聞かれます。

でも、聞いても無駄です。
西久保さんの答えは毎回違います。
諸説あるみたいです。






ニコは、みんなから
「ニコ」「ニコさん」と呼ばれます。

そして、ニコスタッフも、自分たちのこと
「ニコ」と呼びます。


最初は、違和感がありました。


自分の会社の呼び方って、せいぜい「うち」とか「弊社」とか
「ぼくたち」「わたしたち」とか、言うもんだと思っていたんだけど



例えば細田さんが「タカはさ〜、、、こう思うんだよね」って
言っちゃうような、、、、

そんな違和感。



でも、みんなが「ニコはさ、、」「ニコのさ、、」「ニコ的には、、」って
言ってるのを聞いてるうちに


実は「ニコ」って「わたしたち」を指す言葉ではなく

「ニコ」という名前の
意思をもった生き物のような気がしてきて。


そうか、「ニコ」はわたしたちの中の
誰でもない、第三者なんだ。。

だから、ときどき
思いも寄らないハプニングがおきたり
予想以上に成功したり
予想以上に失敗したり

予測不可能な出来事が
次々と起こるんだな

と勝手に解釈していたり。


そーだなー「ニコ」はたぶん
うねうねしてて、ぬるぬるしてて、ヘビみたいな
つかみどころのない、いきものだきっと。

と勝手に想像していたり。




ええ
みなさんの言いたいことは よおーくわかります。


「そんなこと考えてる暇があったら、は た ら け。」

posted by ニコ at 14:11| うししし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

コドモのイエ

ほそだです。

先日、とある撮影でお邪魔させて頂いた際に、
(とある撮影については、後日西久保さんが伝えたいと思うので、控えます)

「うちの子が最近お家を描くんですよ〜」と、見せて頂いた。




どれどれ〜、、、




???!!!








おこのえ.jpg



これはすごい!!!

感動しました。

子供たちにとってお家ってこんな風に感じるんだな〜という驚きと、
記憶のなかのイエというか、
大人になっても残り続ける コドモのイエ をつくらせてもらえてるんだ、と、
勝手に感動していました。


じーっと見てたら、画家さんに、
「何勝手に見てんのよー!」って怒られました。泣

将来は、建築家かな? 楽しいよ〜

たいへんだけどね !!!笑



posted by ニコ at 23:15| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

ソトミセ

マオちゃん、ありがとう。ほそだです。

998783_494584997301855_70753992_n.jpg

お店は、室内だけでやるもんじゃない。
とある商店街の方々とお話をして、改めてそう感じました。

うんうん。
posted by ニコ at 14:10| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

シンポジウム。


うしです。


2月17日、新宿で
環境デザインアワード2014のシンポジウムがありました。
ニコ一同、出席。

鴻巣さんの家 受賞しました!




パネル、展示されてました。
IMG_9168.JPG



会場のようす。

IMG_9186.JPG





記念撮影。

IMG_9190.JPG





おつかれさまでした。

posted by ニコ at 22:37| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

とおくの国から。


うしです。

先日ニコに、遠い遠いところから、お客様がきてくださいました。

そりゃもー、とおいとおいところからです。

どこでしょう?








正解は、、、、













ウガンダです。








ウガンダって、、、どこ?









550px-Uganda_(orthographic_projection)のコピー.jpg

ここ!

アフリカ東部です。





きてくださったのは、ニコと古いお付き合いの、小林一行さん。

ウガンダで男子寮を設計されたんだそうです。

ウガンダでの生活やウガンダ人ならでは面白エピソード、竣工までの苦労話、、
たくさんお話してくださいました。

もうみんな興味しんしん。ごはん、さめちゃうよ、、、

IMG_9126.JPG



これだけ日本と離れていて、環境も暮らしも風習も何もかも違う上に
日本のように、建築をつくる環境が整っているわけではないウガンダのお話は
なんだか、別世界のことのように思えました。

なんか、ものすごく当たり前だけど、、

世界中、いろーんな国があるけど
どこにだって、どんな方法でだって、おうち、建てられるんだなぁ、、、。
いや、ほんと、今更だけど。。


おうちの作り方なんて、世界にはそりゃもーーーー、たっくさんの方法があって
私が今学んでいる作り方は、その何百、何千の方法のうちのたった1つでしかないんだな。。


世界には
「ジャングルで、年中雨ふってて、夜は野生動物うじゃうじゃ、
木とツタだけでつくる!構造?なにそれ!な、おうちの作り方」もあれば

「敷地は氷の上、ペットはシロクマ、建材ないから氷でつくる!
いつ溶けるかわかんないけどね!な、おうちの作り方」もあったりして
(あるのか?)


自分の当たり前とか、標準とか、一歩外に出てみればそれはもう一切通用しなくて
じゃあ、外にでたとき、今までの経験や感覚が一切使えないとき、そして言葉も通じないとき
どうやっておうち建てるんだろうか?

小林さんの苦労や、発見や、感動は、わたしにはまだ想像もつかないくらいでした。


以下、小林さんに頂いた写真です。

01.jpeg

08.jpeg

13.jpeg

20.jpeg


空があおい。。。土があかい。。






お酒もすすんだところで、、


今日のもうひとつのイベント。


IMG_9137.JPG



どーん。


一日遅れの、西久保さんのお誕生日会!



小林さんも巻き込む!笑

IMG_9138.JPG



おめでとうございます!


素敵な1年になりますように。。。


小林さん、また絶対絶対、いらしてくださいね。
そして、ニコのウガンダ偵察(旅行)が実現しますように。。



最後に、、、

山崎さんも、おめでとうございます!!笑
posted by ニコ at 17:49| うししし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キョウカイ

犬もソトを眺めたいのです。ほそだです。
DSCN9117.JPG

とある商店街について、考えていました。
どこからどこまでがその商店街なのか、正直その境界がわからないでいました。

(境界がはっきりしている必要はないかもしれませんが、
 個人的には、家の境界はもっとゆるく、街の境界はもっと強くあっていいと思ってます。)
 
ここからここまでかな、というのは、なんとなく感じでいたのですが、
それをそう感じさせてる要素ってなんだろうと。

建物だと、おーざっぱにくくると、屋根/壁/床なんかが境界をつくっていますが、
街に置き換えた時にどうなるだろう。

屋根/アーケードのかかっている商店街だと、
ここからが商店街なんだと体感としてわかりやすい。

とある商店街にアーケードはないのですが、

DSCN9155.JPG

・大通り側には、看板のついたゲートというかモニュメントみたいなのがありました。
 (こちらが入口だとしたら、出口にはありません。)

DSCN9107.JPG

・外灯+看板のポールがポツポツと並んでありました。
 あるところからなくなります。

・日中は、音楽が流れていました。

DSCN9127.JPG

・床/舗装とアスファルトの切り替わりがありました。
 これも目に見えてわかりやすいのですが、意外と気がつかなかった。

DSCN9145.JPG

お店の入口でもL型側溝で切り替わる

DSCN9141.JPG

DSCN9137.JPG

その他、共通して、シャッターとか。

お店があるのは、もちろんなんですが、
個人的にとある商店街の[なんとなくの境界]をつくってる要素は、
そんなところにあるんではないかなと。

だから何だ!と言われれば、
そんな何気ない要素をちょっと変えるだけで、
大きく変わるんじゃないか?!と思ったわけです。

じゃーどう変えるんだい?と言われれば、、、
乞うご期待ですよ!、、、
posted by ニコ at 06:36| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月15日

ウチソト

ほそだです。

579337_285191871574503_236856723_n.jpg

とある建築のコンクリートの壁。
ピーコンの穴。

576403_285192071574483_1061608279_n.jpg

貫通しております。

写真を撮った場所は、とある建築の囲われたウチなのですが、
そこはソトなのです。
ピーコンの穴は、
ウチとソトという関係があると、本来は埋めてしまうものです。
むしろ、埋めることでウチとソトが生まれているのか?

ウチなのにソトだったり、ソトなのにウチだったりする。

そういう場所は、魅力的なことが多いのです。

そんな感じです!つくっていきたいのは!笑
posted by ニコ at 21:09| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニコ語録2


【ポン・デ・ホソダ】
意味:細田さんみたいなポンデリング。
例文:「ポン・デ・ホソダ頂きますね〜」



posted by ニコ at 14:33| うししし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

ニコ語録


ニコ語録 うし調べ。

【ティー・T】
意味:アルファベットのTに見える部材や様子。
とりあえず、どこかがTっぽく見えたら積極的に「◯◯のT」という。
例文:「たれ壁のティー」

【ペコり・ペコる】
意味:斜線制限をかわすため、屋根をペコっとおりまげること。
例文:「ここ、ペコれば?」

【もこもこ】
意味:ちょっとゴタゴタがあったときに使う表現。
例文:「ちょっとその時期、もこもこしてて、、、」


基本的に、ニコ語録は菊地さんからうまれる。
posted by ニコ at 17:06| うししし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

ニコ遠征ーおまけ編1ー


うしです。

香川・神戸へのニコ遠征 おまけ編。

香川といえば、うどんうどん。うどんですよ。

香川に上陸して、まず一番にうどん屋さんに向かう我々。
今回の旅のメインですから 嘘です。


まだ竹安さんちが工事中だった頃
西久保さんと担当の菊地さんは、おいしいうどんを求めて食べ歩き
やっとやっと、「これぞ香川のうどん」を出してくれるおいしいうどん屋さんに出会えたんだそうです。

「なんか、ウシジマさんにはまだここ、早いよね。
僕たち、ここに行き着くまでに相当食べ歩いたのに。。」
と、なにやら遠くの方から聞こえてきましたが、気にしません。たらふく食べました。


そして、おなかいっぱいになったところで
金比羅山ですよ。金比羅山。こんぴらさん。
(完全に遠足気分)




いやいや、ニコには、どうしても金比羅山にのぼらなくてはならない理由があるのです。

それは
西久保さんと菊地さん、ニコの二大柱。ニコの脳と心臓。

今年、まさかのダブル本厄なのです。

これはもうぜったいに、こんぴらさんでご祈祷を、、ということで
のぼって参りました。

750段。。。

IMG_8447.jpg

意外とひょいひょい?

IMG_8450.JPG

2人ともはやい。うし、ついていけてない。

IMG_8452.JPG

も少し。



で、頂上到着。。



時間がおしていたため、「着いたー!」みたいな余韻に浸る感じもなく
頂上について、早々にご祈祷受付。。

IMG_8464.jpg



そして隔離される2人。
IMG_8487.JPG


厄年のひとでないと、中には入れないらしいです。

ひとり、待つこと、数十分。


ご祈祷中.jpg
ご祈祷。


ご祈祷も、そこそこ長い。その間、うろうろ。


うろうろ.JPG

うろうろ2.jpg

うろうろ4.jpg

うろうろ3.JPG

この渡り廊下、いいなぁ。
ぞうきんがけ競争したい。

なんか、山崎さんちの2棟をつなぐデッキ部分とか
IMG_5262.jpg

渡辺さんちのこことか
IMG_3802.jpeg

ブリッジや渡り廊下って、ちょっと大きい公園にある遊具っぽくて
わくわくします。

、、、、吊り橋みたいに揺れる廊下とか、おうちで作れないのかなぁ

3日で飽きちゃうかな。



話がブレブレですね。



そして、無事に厄払いを終えた2人と合流して、下山。

これで、ニコは安泰ですよ。。。


おまけなのに長くなっちゃったので、一旦切ります。。
posted by ニコ at 22:38| うししし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月10日

ゆき

うしです。


attachment00.jpg

雪だっ!


IMG_9026.jpg


雪だー!


IMG_9110.JPG


雪だーーーーーー!





わーーーーい!!!




東京のひとは、こんな雪、もう見慣れているのでしょうか。
南の方から来たわたしにとっては、もう嬉しくて嬉しくて、、

街行くひとたちからは
「すみません、、、雪の影響で、、」
「電車が、、、◯◯分くらい、、、」
「明日も雪なの?もー。。。」

と言う声が。

でも、なんかちょっと みんなホクホク顔してるし
ほんとうは、雪で遊びたいんだろうな。。。(違うか)


雪のつもった建物はエッジがとれて、なめらかで、角がなくなって
道路も家も塀も、雪にうもれて境界線が見えなくなって
夜でも明るくて、淡くてキラキラしてて
歩くひとのスピードもゆっくりで
こどもたちの遊んだ跡が残ってて


いつもの街が何倍にも、うつくしく見えました。
posted by ニコ at 17:54| うししし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

ニコごはん


IMG_8867.JPG

お鍋をみんなで囲むこと









IMG_8976.JPG

季節のものを食べること







IMG_8877.JPG


食後のおしゃべり。





なにが大事かって、、、わからないけど

みんなで食べるごはんはおいしい。

味はともかく。

By うし
posted by ニコ at 21:53| ニコごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月05日

スキマチ

ほそだです。

「いいな〜」と感じたことを書いていこうと思います。

まずは、浅草のとある商店街の風景。( 最初にこれがよいのかどうかよくわかりませんが…。)

556530_313297972097226_691347703_n.jpg


建物と建物のスキマに藤の木の屋根がかかって、
木漏れ日が気持ちうぃ〜〜〜

椅子やテーブルが道にはみ出してて、
すごく生き生きとしている街でした。

この商店街の人たちにとっては、
この道も含めて「自分たちのもの」だと感じられてるんじゃないかなと思います。

なんというか、自分のお店だけよければいい。っていう感覚だと、
こんな素敵な風景は実現できないと思います。

めんどくさいこともいっぱいあるんでしょうけれど、
時間をかけて、ゆっくりみんなで育ててきたんだろうな〜。
自分のお店とかお家とか、そのちょっと外に、
手を加えて育てていけるものがあるっていいですね。

みんなのものでもあるんだけど、自分のものでもある。

そんな感じです!!! つくっていきたいのは! 笑
posted by ニコ at 18:28| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

ニコ遠征ー神戸編ー


うしです。

ニコ遠征つづき。。。




香川から、寄り道しつつ、食べつつ、レンタカーで神戸へ。

工事中の曽根さんちの現場へ行ってきました。



あっち側は海で(うつってない・・)

IMG_8787.jpg


こっち側は山。(うつってない・・)

IMG_8794.jpg


神戸のまちは、方向音痴に優しいまちです。
どこにいても海と山が見えるから。

曽根さんちは海の近くで、観光地のすぐ側にあるにも関わらず
古い町並みの残る、おだやかなところでした。

さて、まずは工務店さんとうちあわせ。

IMG_8702.jpg

IMG_8659.jpg

思い思いの場所でメモ中。


IMG_8676.JPG





それから、曽根さんと仕上げのうちあわせ。
IMG_8723.jpg


IMG_8712.jpg


仕上げの切り替えは、答えがなくてすごく難しいですね。
部屋と部屋が扉で完全に分かれていれば、簡単なことかもしれないけれど
ニコのおうちは、お部屋とお部屋が、どこかしら繋がっていることの方が圧倒的に多いので、、

天井の仕上げをこっちまで引っ張ってくる?
こっちの壁の仕上げをそっちまでのばす?
どこで切る?どこでつなげる?

色や質感素材感ももちろん大事だけど
あっちとこっちの空間が、どういうストーリーで繋がっているか、ということも
大事なんだなぁ、、 

IMG_8725.jpg
と、先輩たちを見て おもいました。




まぁ、難しく考えすぎず

ときには、今日たまたま着てた服の色で決めちゃうってことも
あったりして。
IMG_8717.JPG



そして、仕上げ決定。
IMG_8728.JPG

寒い中、おつかれさまでした!




IMG_8799.JPG
あたらしいおうち、たのしみだね!

posted by ニコ at 11:48| 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする