2014年04月25日

お子ミュニケーション

先週は、子どもたちとの壮絶なバトルの一週間でした…。


[バトル1]竹安さんのお子さんとのカンチョウ対決

曽根さんのお家のオープンハウスでそれは始まった。
お昼すぎ、中庭のデッキでおこった小さなイタヅラを皮切りに、
ステージは変わり曽根さんちの前の道へ。
範囲は、道幅約4mに全長なんとなく20mくらいの範囲。
まるで相撲かプロレスのようなスタイルで、
カンチョウを入れると一点、5点マッチ。
シーソーゲームの末、5点を僕が先に獲得。(大人げない)
すると、「6点マッチやで!」(ず、ずるい。)
夢中になりすぎた、仕事に戻らなくては…。
容赦なく、6点目を獲得。(大人げない)
「7点マッチやで!」(でた、マイルール!)
勝負への執念に負け、7点目を献上。敗北。
試合終了。
最後は、お互いの検討をたたえ合い、ケツをタタキあう。

さく1.jpg

さく2.jpg

[バトル2]曽根さんのお子さんとのマリオカートのようなカケッコ

日も暮れ出した夕方頃、それははじまった。
曽根さんのお家の向かいの大きなマンションの敷地を1周(約200m)として、
お家の前がゴール。そこをお子さんたちがかけっこをしていた。
なんか懐かしいな〜と思い、勝負する?と挑発。
「ええで!じゃー3周勝負な。」
中学1年生と小学5年生と28歳。
菊地さんのかけ声でスタート!
全力疾走!ほそだダントツの飛び出し。
「大人げないでー!」お子さんからの突っ込み。
はっ、はっ、はっ、何事にも真剣なのだ。
2周目トップで通過、かと思いきや、
マンションの駐車場をショートカットして二人とも僕の前に!
(でた、マイルール!ず、ずるい…。)
お兄ちゃんは、ショートカット1回、弟くんは、ショートカット2回。
お兄ちゃんには追いついたものの、弟くんに追いつけず、2位でレース終了。
敗北。
レース後は、互いの検討をたたえ合い、
おいしい料理とお酒(ジュース)を頂きました。


[バトル3]安藤さんのお子さんとのタイマンサッカー

雑誌の撮影で安藤さんのお家へ。昼食を済ませて落ち着いたころ、それは始まった。
フィールドは、安藤さんのお家のそばの道。
キャッチボールにあきて、僕のそこそこ得意のサッカーへ以降。
僕のゴールは、生け垣のわずか40cmのすきま。
小学3年のおこさんのゴールは、4mの道幅いっぱいで手をつかってOK。
ゴール前に張り付かれてすぐゴールキックで僕のゴールへ!
ダッシュでギリギリゴールを防ぎ、また攻め込むもゴール前に張り付かれ
ゴールキックの繰り返し…。28歳は体力を消耗。
後半、足が止まり、7点先取され、敗北。(こちらも5点マッチから7点マッチへ途中変更。)

さく3.jpg


さく4.jpg


つまり、全敗でした。苦笑

そんな一週間でしたが、
家のすぐそばの街も道も、子どもたちにとって大事な居場所だなと、
やっぱり強く思うのです。

僕らは(今は)敷地の中でしか設計をできないのですが、
そこを飛び越えたいといつも思っているのです。
子どもたちみたいに!

楽しかったよー!ありがとー!

ほそだ
posted by ニコ at 13:09| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月23日

小川さんち、上棟式。

うしです。


小川さんち、上棟式のようす。

IMG_0294.jpg



IMG_0296.jpg



IMG_0305.jpg




IMG_0314.jpg
にくのにおい。



IMG_0312.JPG
佐賀のにおい。



IMG_0321.jpg
にく。



IMG_0323.jpg
にく。




IMG_0320.JPG
にく。







、、正直に言います。

小川さんちでとった写真の半分を、肉が占めていました。

現場レポート出来ず、すみません。
反省はあまりしてません。本能です。

にくをおいもとめる、にんげんの、ほんのう。




あとは西久保さんにお任せします。。



IMG_0349.jpg



暗くなってきて、解散かと思いきや
ここから、小川さんのご友人がぞくぞくといらして
夜の部が深夜まで行われていたそうです。

わたしはここでリタイヤしましたが
ニコも数名のこっていました。

風の噂で、誰か電車で寝過ごして、
とんでもないところで降りた人がいたらしいのですが、あくまで噂です。



うし。
posted by ニコ at 10:11| 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月18日

晩白柚


うしです。


IMG_9813.JPG
どぅーん。




これ、なんだかご存知ですか。


晩白柚です。ばんぺいゆっていいます。

我がふるさと、KUMAMOTOの名産品でございます。



IMG_9818.JPG

どぅーん。



(たけやすさん、晩白柚ってこれですよー!)




どうやって食べるんだって

思いましたね。ね。







うしぴーの、、さんぷん くっきんぐ、、。

ちゃららっちゃ、ちゃちゃちゃ、、、



まず、部屋の照明をおとします。

そして、優しく話しかけます。

そんな厚い殻にこもってないで、でておいでって
声をかけます。

ときには優しく、ときには厳しく
諭すように、話しかけます。




これでもかというくらい、優しくしてあげたら
次は、容赦なく、ざくっといってください。
IMG_9821.JPG
十字に切れ目をいれます。




あとはもう、手加減はしません。
力の限り、むいてください。

IMG_9824.JPG
むぎぎ



IMG_9831.JPG
むぎぎぎぎ




IMG_9833.JPG
むぎぎぎぎぎぎぎ




でてまいりました。

「中身ちっちゃ!」っていうの、やめてあげてください。




あとは、ひとつぶひとつぶ、丁寧にむしってください。

IMG_9837.JPG

てのひらサイズです。



むしりながら食べると
よりいっそうおいしく感じる気がしますが、それは気のせいです。

IMG_9841.JPG




それでは今日のレシピのおさらいは、、、要らんか。



くだらない記事あげてすみません。

要するに、晩白柚うまいよってこと
言いたかったのです。

八百屋さんにたまーに出回ってるので
見つけたら、是非ご賞味くださいまし。


うしでございました。

posted by ニコ at 22:29| ニコごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月09日

前川さんちの地鎮祭

地鎮祭ラッシュ? 続きまして、前川さんちです!
(西久保さんに先を越されてしまいましたが…。)

快晴でとても気持ちのいい地鎮祭でした。

1.jpg

エイ!エイ!エイ!
2.jpg

エイ!エイ!エイ!
3.jpg

エイ!エイ!エイ!
4.jpg

エイ!!!エイ!!!エ----イ!!!(すみません、ちょっと誇張しました。笑)
5.jpg

工務店さんは、初めてお願いするTHモリオカさん。
社長の勢いのある鋤さばきと大きな声!
大丈夫です。安心して工事をまかせそうです。

6.jpg

8.jpg

そう、前川さんのお子さんは、オープンハウスとかに来てくれた時も
すごく元気いっぱいにグルグルグルグル走りまわって楽しそうにしてくれているのが印象的でした。

建物の中だけじゃ納まらないだろうその元気が、ソトにまで広がっていくといいな〜。
敷地なんて飛び越えて、ミチにまで、マチにまで広がっていくといいな〜。
なんてことを考えながら設計させてもらいました。

7.jpg

だから、おソト いっぱい残しといたからね。笑

9.jpg

いよいよ着工ですね。気を引き締めてまいります!

ほそだ
posted by ニコ at 22:03| 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月03日

マシューズ邸 地鎮祭


地鎮祭ラッシュ、続きまして。

本日は、桜満開の国立市にて
マシューズさんちの地鎮祭をさせて頂きました!




、、うーん あいにくの 雨 雨 雨。

あわよくば、地鎮祭のあとでお花見を、、とか
目論んでいたのに、、。


IMG_6516.jpg


でも、地鎮祭の雨は、縁起が良いんだそうですね。

雨降って地、かたまれ!



えいっ
IMG_9740.JPG



えいっ
IMG_9744.JPG


無事に完成しますように。
IMG_9752.JPG



マシューズさんはですね、、

図面をお渡ししたらですね、、

模型を作ってくれるんです。


R0019003.JPG



もう、このクオリティの高さに 感服です。


photo6.jpg


R0019012.JPG



まさに施主力100%というか。。




言葉以上に、マシューズさんの叶えたいもの
伝えたいことが、模型からストレートに伝わってきます。



R0019031.JPG



マシューズさんは、もう20年ちかく日本にいらっしゃるので
日本語は、ぺらぺらです。

わたしなんかより多分ずっと、
多くの日本語や、その言葉の意味をご存知なのだけれど


母国語でない言葉で、
しかもケンチクで使われる言葉って
日常会話で使わない難しい言葉ばっかだし、、


伝わらなかったり、わからなかったり、ピンとこなかったり
歯がゆい思いをさせてしまっているんじゃないかな、、とよく思います。



R0019040.JPG


それは、マシューズさんに限らず
日本人同士でだって、出来上がりのイメージを共有するのは
とてもとても難しい。。



そこを、スケッチや模型やCGや 
言葉以外のいろんな手段を使って、共有していく作業が

わたしたちの仕事なんですけど、、、


そこをマシューズさんにしてもらってるって
どーよって感じですけど、、、


IMG_6696.jpg



マシューズさんの模型の表現がとっても新鮮で
見せてもらうのが、本当に楽しみなんです。


R0019023.JPG





わたしたちは、学校で模型の作り方を習います。
卒業すれば、まぁなんとか、仕事として出せるくらいの
模型は作れるようになります。

それぞれ事務所ゴトに多少の違いはあるものの
なんとなく、作り方や使う材料は決まっているので
たいてい、同じような表現になります。


R0019013.JPG


そういう、学校で習ったルールや
先入観のないマシューズさんがつくる模型は

土がゴマだったり、、
畳が本物のゴザだったり、、
水やぶどうの木がビーズだったり、、
ステンレスがアルミホイルだったり、、

もう、自由で、鮮やかで、
繊細で、美しいなぁと思うのです。


たとえスケール感が多少違ったって
構造や施工的に無理なとこがあったって
実際には、こんな鮮やかに出来なくったって


伝えたいもの、叶えたいもの、ほしい世界だけが、強く強くあらわれていて
わたしたちが作る、より現実に近づけた模型よりも、ずっと楽しいのです。




そういう正確な模型も、もちろん必要なんですけど

マシューズさんの模型はたぶん
子どもの描いた自由な絵を、大人がどんなに真似したって描けないように

もうわたしたちには、どんなに真似しようとしたって
作りたくても、作れないものなのだなと思うと

ますます、美しいな、素敵だな、、と思うのです。






これから現場がはじまります。


この模型の、この感じを目指そう!と
おもっております。。


マシューズさん、次は
1/10くらいの、部分模型をお願いします。 笑


IMG_9759.JPG





うし。
posted by ニコ at 21:52| 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする