2017年06月20日

ルーツ


うしです。


少し前に、象設計集団の「うらら保育園」を
見学させてもらって、ズドォーンと感銘をうけてから

いいタイミングで北海道に行く機会もあったので
象の建築をいくつか見て回りました。


IMG_3790.JPG


象設計集団は、我らがボス西久保夫婦の出身事務所。
そのわりに、象の建築はいっこもみたことがないわたし。
ダメスタッフです。


うらら保育園のほかに
北海道ホテル、十勝農園、十勝千年の森、共同学舍を見学。

建築の感想を伝えるのはすごく苦手なので
できれば擬音だけでうまいこと伝えられたらな、っていつも思うのですが
それもそれで鬱陶しいのでやめときます。



IMG_3796.jpg



IMG_3802.jpg



でも、象の建築を見るのは
このタイミングでよかったのかも。

というのも、きっとニコに入る前だったら
「うへあ、コッテコテだなぁ」だけで終わっていたかも。

今のワタシは、ニコで日々、あんなことやこんなことまで
考え巡らせているのだ。

多少は思慮深くもなっただろうし、目も肥えたにちがいない。

素材感のインパクトだけじゃなくて
建築本来の意志や、設計者の願いも
手に取るようにわかるにちがいない。



IMG_3791.jpg



IMG_3794.JPG



IMG_3793.jpg



IMG_4182.JPG



IMG_4179.JPG



IMG_4186.JPG



IMG_4206.JPG






「うーん。。。。。










コッテコテだな








あ、なんも変わってなかった。





IMG_4210.JPG



IMG_4241.JPG



IMG_4243.JPG







という冗談はさておき。

なんていうか、

日頃から、ニコで大事にしていること、
西久保さんのアンテナがはるとこ、

多少は理解しているつもりで
でも、なんとなく受け入れがたいこともあったりして

「なんでニコって、こんなことするんだろう?」

っていう小さな疑問が、
やっぱり今でもちょいちょいあるんですが



IMG_4229.JPG


IMG_4226.JPG



それが、象の建築を見ると、
「なーんだ、こういうことだったのか!」って
すーっと腑に落ちました。



IMG_4233.JPG



IMG_4270.JPG




象の建築は公共建築だから、住宅よりもうーんと制限もあるだろうし
考えなきゃいけないことも山ほどあるだろうし
住宅みたいに、自由ではないはずなんですけど

そこで起こってる出来事や風景は、
住宅よりもダイナミックで、わかりやすく素敵なものでした。



IMG_4273.JPG



IMG_4253.JPG





こんな世界を、家の中に取り込めたら
素敵だよなあ、、、。



それこそ、街にも家族にも
愛される家になるだろうなぁ、、、。






というか、、、、
ニコってコテコテ、、、最近ちょっとやりすぎかな、、、とか
思ってたけど




まだまだ全然、大人しいもんなんですね!!!



うし。
posted by ニコ at 12:26| うししし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

粘り勝ち


うしです。
梅雨入りしましたね。


昨日、横浜で棟上げがありました。

「加藤さんの家」

暑すぎず、寒すぎず、まさに上棟日和。


DSCF8405.JPG


DSCF8406.JPG


DSCF8421.JPG


DSCF8424.JPG


DSCF8487.JPG



横浜のあの崖の多さには、
いろんな制限があったり、条例があったり
こちらとしては、ヒィヒィ言わされてますけど、、

やっぱり、眺めがいいっていうのは
この街ならではの、とても贅沢なおまけ。


DSCF8483.JPG



2階建ての加藤さんちも
「高層マンションの最上階買ったみたいだな!」なーんて気分になります。



_1040772.JPG


_1040781.JPG


_1040787.JPG



そんな敷地を手にいれた経緯もまさに加藤さんらしくて

毎日毎日、この敷地の前を通り
売地の看板が出ないかな〜とひたすら待っていたそうです。
いろんな不動産屋さんをあたっても売りに出ていなくて
ある日、奇跡的にネットに情報があがっていたのを発見し、購入。

まさに、粘り勝ち?



_1040790.JPG


_1040777.JPG



そういえば、設計事務所えらびも
相当、粘りに粘ったようですしね、、、




_1040801.JPG


_1040804.JPG


_1040808.JPG


_1040822.JPG


でも、粘り勝ちって
かっこわるいけど、かっこいいじゃないですか。

どろくさくて、スマートじゃないけど
わたしたちらしいじゃないですか。





だから、加藤さんちらしい
粘りに粘った痕跡が、おうちにたくさん残るといいなと思います。



すでに、
粘りに粘った結果の
「もともと螺旋階段があったかのような痕跡」や
「屋上があったかのような痕跡」なんかは残ってますけどね、、。



_1040844.JPG



_1040854.JPG




「あれ、ここ、なんでこうなったんだっけ?
そうそう、そういえば設計当初はさ〜、、、」っていう話ができるのって
すごく嬉しい。


だから、うっかり
すんなり設計が固まって
すんなり進んじゃって
すんなり建っちゃって

すんなりすんなり、いくことに、こしたことはないって
頭の中ではわかってはいるけど、、、


_1040856.JPG



つまづいたり、悩んだり、矛盾していたり
へんてこになっちゃったりする方が、

なんだか、愛着がしっかり家に根付くような気がするのです。







_1040863.JPG


この夜景を、ちゃんと手にいれるために

粘り勝つのだ。




posted by ニコ at 17:08| 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする