2014年04月03日

マシューズ邸 地鎮祭


地鎮祭ラッシュ、続きまして。

本日は、桜満開の国立市にて
マシューズさんちの地鎮祭をさせて頂きました!




、、うーん あいにくの 雨 雨 雨。

あわよくば、地鎮祭のあとでお花見を、、とか
目論んでいたのに、、。


IMG_6516.jpg


でも、地鎮祭の雨は、縁起が良いんだそうですね。

雨降って地、かたまれ!



えいっ
IMG_9740.JPG



えいっ
IMG_9744.JPG


無事に完成しますように。
IMG_9752.JPG



マシューズさんはですね、、

図面をお渡ししたらですね、、

模型を作ってくれるんです。


R0019003.JPG



もう、このクオリティの高さに 感服です。


photo6.jpg


R0019012.JPG



まさに施主力100%というか。。




言葉以上に、マシューズさんの叶えたいもの
伝えたいことが、模型からストレートに伝わってきます。



R0019031.JPG



マシューズさんは、もう20年ちかく日本にいらっしゃるので
日本語は、ぺらぺらです。

わたしなんかより多分ずっと、
多くの日本語や、その言葉の意味をご存知なのだけれど


母国語でない言葉で、
しかもケンチクで使われる言葉って
日常会話で使わない難しい言葉ばっかだし、、


伝わらなかったり、わからなかったり、ピンとこなかったり
歯がゆい思いをさせてしまっているんじゃないかな、、とよく思います。



R0019040.JPG


それは、マシューズさんに限らず
日本人同士でだって、出来上がりのイメージを共有するのは
とてもとても難しい。。



そこを、スケッチや模型やCGや 
言葉以外のいろんな手段を使って、共有していく作業が

わたしたちの仕事なんですけど、、、


そこをマシューズさんにしてもらってるって
どーよって感じですけど、、、


IMG_6696.jpg



マシューズさんの模型の表現がとっても新鮮で
見せてもらうのが、本当に楽しみなんです。


R0019023.JPG





わたしたちは、学校で模型の作り方を習います。
卒業すれば、まぁなんとか、仕事として出せるくらいの
模型は作れるようになります。

それぞれ事務所ゴトに多少の違いはあるものの
なんとなく、作り方や使う材料は決まっているので
たいてい、同じような表現になります。


R0019013.JPG


そういう、学校で習ったルールや
先入観のないマシューズさんがつくる模型は

土がゴマだったり、、
畳が本物のゴザだったり、、
水やぶどうの木がビーズだったり、、
ステンレスがアルミホイルだったり、、

もう、自由で、鮮やかで、
繊細で、美しいなぁと思うのです。


たとえスケール感が多少違ったって
構造や施工的に無理なとこがあったって
実際には、こんな鮮やかに出来なくったって


伝えたいもの、叶えたいもの、ほしい世界だけが、強く強くあらわれていて
わたしたちが作る、より現実に近づけた模型よりも、ずっと楽しいのです。




そういう正確な模型も、もちろん必要なんですけど

マシューズさんの模型はたぶん
子どもの描いた自由な絵を、大人がどんなに真似したって描けないように

もうわたしたちには、どんなに真似しようとしたって
作りたくても、作れないものなのだなと思うと

ますます、美しいな、素敵だな、、と思うのです。






これから現場がはじまります。


この模型の、この感じを目指そう!と
おもっております。。


マシューズさん、次は
1/10くらいの、部分模型をお願いします。 笑


IMG_9759.JPG





うし。


posted by ニコ at 21:52| 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。