2016年06月16日

気持ちいいソト

梅雨ですね〜。

さて、そんな梅雨のわずかな晴れ間に、
雑誌の取材で[中道さんの家]にお伺いしてきました。

僕 個人は、竣工後すぐにホッとできるタイプではなく、
しばらく暮らされて落ち着いてからの様子を見れた時に、
ようやく安心できて、そっからジワジワ喜びが込み上げてきます。

「工事中からほぼ毎日見に来てたから、新鮮味ないんですよ〜」
と笑いながら中道さんが言われていましたが、
まだ2か月も経っていないのにすでに住みこなしている様子を見ると、
本当にそうなんでしょうね。(笑)

撮影中、タタミサンルームで爆睡されている旦那さんを見て、
満足して頂けてるな、と確信しました。(笑)


th_1.jpg


雑誌の取材などの機会を頂くと、改めてそのお家について、
自分達の設計について考えたりしますが、
中道さんの家は、やっぱりこの[中道]がつくれたことが
とても大きな影響を全体に与えているな〜と思っています。

その場所は、どちらかというと動線空間であり、
時々タバコを吸いにいったり、立ち話したり、
ただぼーっとしてみたりと、

そこ自体が長い時間を過ごす場所ではないのですが、
その空間があることで、

住居が守られているような、
住居と店舗がつながっているような、
街とつながっているような、

そんな風に感じることができてるんじゃないかと思います。

どの部屋にいる時にも その場所の存在を感じることができることで、
人が持つ [心地いいと感じる領域] が広げられている気がしています。


難しいことをウダウダ言ってますが、ようは、
[ 気持ちいいソト ] をつくれた!
ということと、
これからもそんな空間をつくっていきたい!
ということですね。


[ 気持ちいいソト ] をどうやったらつくっていけるのか、
これからもとても大事な設計テーマです。


その空間をつくる要素として現段階で重要だと分かっているのは、

[ 自分のものであると同時に誰かのものでもある]
ということと、

[ 植物 ] は絶対ないとダメ!
ということですね 。。。

道のりは、果てしなく長い。(笑)

だがそれがいい。


ホソダ
posted by ニコ at 15:07| 竣工後のおうち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする