2016年12月06日

現場らしからぬ風景



思えば。


太田代さんちは
着工した当初から

「現場らしからぬ風景」ばかりだったな。


地鎮祭の写真を見返すと
海の写真ばかりだし、、、、

基礎の写真を見返すと
新築というよりも遺跡みたいだし、、、、

上棟式の写真を見返すと
お祭りみたいだし、、、、、。





上棟してからは

お母さんとお子が、
職人さんたちに差し入れをしつつ
お子を寝かしつけ

寝てる間に、離れにこもって、施主工事。

夕方頃、仕事を終えたお父さんが
現場に「帰って」くる。



そんな太田代家の1日のリズムが
既に出来つつありました。



そんな毎日だったからか
すでに引っ越す前から、ご近所付き合いがはじまり

お向かいさんから差し入れを頂いたり
近所の子どもたちが学校帰りに
「赤ちゃんは〜?」と聞きにくる。





そんな、現場らしからぬ風景。






そして、先週の施主施工。


DSCF7583.JPG



 DSCF7503.JPG



DSCF7506.JPG



DSCF7507.JPG




食堂は、既に食堂で


DSCF7534.JPG


DSCF7548.JPG


DSCF7564.JPG

ベンチは即席キッチンに。




DSCF7536.JPG


作業場は、広い庭。




DSCF7569.JPG


お父さんの離れは、大人の思い耽る場所に。



DSCF7543.JPG


子どもはやっぱり外にでたがり

DSCF7531.JPG

大人が、代わる代わる追いかける。



DSCF7584.JPG


ママ友同士、子どもをおぶって
手を動かし



DSCF7593.JPG



DSCF7595.JPG


疲れたら、ティータイム。



DSCF7559.JPG



DSCF7500.JPG




これまで散々、
「太田代さんち、学校っぽいから、
ほんとに学校か、保育園でもしたらいいのにね〜」なんて
言ってたせいか

居間から、一段下がった客間は、
シメシメ!すでに保育園。

DSCF7580.JPG



DSCF7179.JPG

黒板代わりの、お知らせ掲示板もあるし。



attachment00.jpg

おむつが落ちてる現場も、他にあるまい。








とにかく、



太田代さんちの現場は

もう、すでに、「太田代さんのおうち」になっていた。





なんだか、
「まだ赤ちゃんだと思ってたのに、
いつの間にか、立派に成長してた」

という、気分。




事務的には
「お引渡し」をしたその瞬間から、
お施主さんのモノになり、

お引っ越しをしてはじめて
「家」としての機能を持ち始めるわけですが



本当の意味での「お引渡し」は
1日でパキっと切り替わるものでなく


じんわりじんわり
工務店さんから、お施主さんへ

少しずつ、
渡っていくものなのでしょうね。














こんな風景が見られたのは

ひとえに、村上建築工房さんのおかげ。



ここまで、お施主さんと現場のつながりを
持たせてくださったことに

本当に頭が上がりません。


この風景は
きっと、監督の長谷川さんの
たくさんの気配りと、現場への愛情が
あってこそ、実現したもので


太田代さんちをお願いして
本当に本当に、良かった。




あと、1週間。


どうか、無事に

びしっと、、、、、、

お引渡しできますように。




















最後に1つだけ言いたいこと。

現場って、やっぱりとても危険なところです。

そして、職人さんたちは
その日その日が勝負なのです。

指揮をとる監督さんも
たくさんの現場を掛け持ちしている職人さんも

「現場を安全に、滞りなく終わらせること」

それをいつも、考えてくださるのです。


私たちですら、ヒヤッとすることや
身の危険を感じるときがありますし

そんなときは、躊躇無く監督さんに怒られたりして、、、
普段は和やかにしていても
現場で働く人の危機監理の徹底ぶりは
本当に関心するほどです。



だから、
現場の途中で、施主施工をすることは

「危ない」と捉えられることの方が
ずっと多く
安全性を確保出来なければ、断られることもあります。

それは、工務店さんの良い悪いでは決してなく

少しでも危険なことは見過ごさない、という
責任感や、現場を守る気持ちが強いからこそなのです。


だから、
どうしても
施主施工の範囲は限られてきます。

私たちも、アレもコレもやりたい気持ちはあれど
節度をもって計画しなくては、と思っています。


今回、たくさん施主施工をしましたが
たぶんすごくレアケースなので

これから現場がはじまる方
すでに工事中の方、、、、、



、、、、、。


、、、、、。



工務店さんが許してくれる
ギリッギリのラインを狙って

出来るだけ、施主施工をやりましょう!笑




うし。
posted by ニコ at 22:43| 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする