2017年04月22日

三本の家(や)

th_01.jpg

さて、いよいよ工事も終盤に差しかかってまいりました、
世田谷区のくすかめくのくの邸
だんだんと全体像が見えてきました。

th_02.jpg

地上3階地下1階、
3家族が1〜3階それぞれに世帯を持ち、
地下には貸し店舗が入る計画です。
申請上の用途としては共同住宅+貸店舗なんですが、
共同住宅というよりは、
3世帯が一緒に暮らす大きな一軒家!
という感じです。

th_03.jpg

なんせ3世帯ありますと、
別世帯で良いと感じたところは採り入れ、
よくないと感じたところは改善へとつなげるという、
素晴らしいチームワークで(笑)、
お互いに刺激し合いながらドンドンよくなっていくので、
まぁー大変です。(笑)

th_04.jpg

たくさんご迷惑をおかけしてしまっているのですが、
なるほど〜と気づかされることが多いですし、
毎回打ち合わせが楽しくて、
喜んでもらえるのが嬉しくて、
もっともっとお家について一緒に考えていたいな〜、
とついつい思ってしまいます。

th_05.jpg

(早く終わらせろよ!って声が聞こえます。泣)

th_06.jpg

話は変わりますが、小さい頃

「三本の矢」

という有名な話があるんだぞ、
と父親からよく聞かされました。

一本の矢だと簡単に折れてしまうが、
三本の矢が合わされば、そう簡単には折れない。

th_07.jpg

毛利元就が自分の子供たち三人に力を合わせて歩んでいきなさい、
という思いを込めて伝えた例え話だと聞いています。
(歴史は苦手です。)

th_08.jpg

僕は男三人兄弟で、
そんな話をしたくなる父の気持ちもわかります。
何度も同じ話をするので嫌になることもありましたが(笑)、
その頃から今も変わらず大事なことだと思っています。

th_09.jpg

家族構成は違うのですが、
くすかめさんくのさんたちに
お会いする度にその話をよく思い出します。


3世帯で暮らすことは、楽しいことばかりじゃなくて、
面倒なこと、イライラすることだってあると思います。

th_10.jpg

でもきっと、
1つの世帯ではつくりあげることができない空間や
大きな喜びが必ず生まれてくれると信じています。


子供たちにとっては、
近くに季節の変化が豊かな緑道と
のんびりとした線路があって、
おじいちゃんおばあちゃん、
おじさんおばさんのお家がすぐそばにあって、
たくさんの遊び場も逃げ場もある。

th_11.jpg


大きな一軒のお家でもあるし、
数軒のお家が集まった街のようでもある。

そんな居場所になってくれるんじゃないかな〜。

th_12.jpg

それぞれ別々の人間なんだから、
各世帯で求める要望が違って当たり前。

でもそんな別々の人間たちが
一つの同じゴールに向かう時、
均一なものが積み重なるよりも、
しっかりと絡み合うように強く、
そう簡単にくずれない
たくましさがつくり出せるんじゃないか?


th_13.jpg

そんな期待を感じさせてくれる存在になってきています。

この先の未来、
くすかめさんくのさんのお子さんたち、
またその孫の世代が住み継いでくれることと思います。

もし別の誰かがそこに住むことになったとしても、
この居場所をつくる決断をしたご家族の思いは、
一生懸命考えた間取りや素材や色たちを通して、
毎日頑張ってくれている職人さんたちの手を通して、
しっかりと染み込んで、必ず伝わってくれると思います。

th_14.jpg

「なんかわかんないけど、いいよね?」


僕たちの設計は わかりにくいので、
たぶんそんな感じで伝わってくれると思います。(笑)

th_15.jpg

さーて、ラストスパートです。
屋上でのバーベキュー目指して頑張りましょう!

ホソダ
posted by ニコ at 01:10| 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする