2016年05月10日

オオカミと暮らすこと。



久しぶりの更新。うしです。


じつは、4月半ば頃からしばらくの間
私の故郷である、熊本に帰省していました。

ご存知のとおり、大きな地震のあったあとです。

今、こうしてブログに記事を書けるのも
家族や親族友人の無事が確認出来たからで

建物こそ壊れてしまったものの
変わらず笑顔で出迎えてくれて
安心して、また東京に戻ってくることが出来ました。


たくさんの方からお声掛け頂きまして
ご心配、ご迷惑をおかけしました。






実際に状況を目の当たりにしてみると

人間も、人間のつくったものも
人間が営んできたものも

地球のほんの、くしゃみとか、あくびとか
きっとその程度のささいなことで

一瞬にして、簡単に崩れてしまうんだなぁ


と、、、、




人間の脆弱さを改めて感じました。





こういうことが起こらなければ
こんな風に、なかなか俯瞰して見ることもないのでしょうね。

まさに、アリンコの気分です。

ゾウのくしゃみが、天地揺るがす大災害。




それでも、この地面の上で
生きて行くしかないわけで。


またわたしたちはせっせと
崩れた生活を作り直していくのですが





でも、、、、、

じゃあ次は
どんな家を、どんな街を、作ればいいのだろう?



それこそが
一番大事なところ。




そしてそれが
今一番恐ろしいこと。




「次はもっと強い家ば作らなんね〜」

「どこどこのメーカーの家が一番崩れとらんてたい、、、」

「震度7に3回耐える家ってどんな家かね?」




そんな声をたくさん聞いて

ふと

3びきのこぶたのお話を思い出しました。




オオカミから身を守ろうと、こぶたが作った3つの家。




ワラの家が簡単に吹き飛ばされて

ワラが駄目なら、木の家に。

木が駄目なら、レンガの家に。。。






物語はここで終わるけれど

そうやって、建物をツヨくカタくしていくことが
果たして、正解だったのだろうか?




もっと強いオオカミが来て、
レンガの家も壊してしまったら
次はなんの家でしょう。


、、、、金属の家?

じゃあ次はオオカミが2匹きて
それも壊されてしまったら?


壊されるたびにエスカレートしていって


行き着く先はきっと
もはや家とは呼べない
シェルターのような箱なのでしょう。




オオカミから、身を守ることは
もちろん当たり前に、大切なことだけど、、、、



ほんとうにそれだけで
いいのだろうか?




レンガの家にはない、なにかが
きっとワラの家にも木の家にも
あるんじゃないのかなぁ、、、。



強く強くしていくことで
失われていくものって
きっとこれまでの、私たちの生活や、家や、街にとって
とても大事なものだったんじゃないかなぁ、、、。



シェルターだらけの街は
果たして、気持ちがいいのかなぁ、、、。



レンガの家こそ
崩れたときが危なくて
いっそワラの家だったら
全壊したってきっと人の命は守れるんだろうなあ、、、、。


そしてワラの家こそ、
あっという間に簡単に再建出来るんだろうなぁ。。。












わたしの地元でも多くの人たちが

家を失いました。




これから始まる街の再建が

ただただ個々の家を強く固くするだけ、という結果にならぬよう

願うばかりです。




そして、建築に向き合う者として

この、不幸にも貴重な経験を糧にして

自分に出来る事を少しずつでも

始めていこうと、強く思いました。






(あれ、、、なんか、、、うしのくせに真面目だぞ、、、、)
posted by ニコ at 22:20| うししし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

その街に溶け込んでほしい

鎌倉の中道さんの家、いよいよ、工事も終盤です。

th_1.jpg

だいたい終わり際は、いつもバタバタなんですが(苦笑)、
職人さんがたくさんいて、祭りみたいな気分にもなります。

th_2.jpg

どのお家で関わらせて頂く時もそうなのですが、
終盤になると、ようやくか〜、という安堵の気持ちと、
なんだかいつまでもこのバタバタを見ていたいような、
なんとも言えないさびしい気持ちになります。

th_3.jpg

お家ができるまでのだいたい1年半〜2年近く、
そのお家のこと、そのご家族のことをほぼ毎日考えています。
( 重いな。(笑) でも、ウソじゃないです。)
工事が始まる後半の6,7,8か月は、
工務店さんたちもそこに入ってきて、頭から離れません。(笑)
実際に現場に行けない時も、そのお家のための作業ができない時もです。
こんなブログを奥さん見られたらに怒られます。(笑)

th_4.jpg

そんな日々も竣工を境に一旦切りがつくわけで、
今はその節目に差し掛かかろうとしている段階です。

th_5.jpg

僕はまだ子供がいないのでわかりませんが、
子供を遠くへ送り出す親の気持ちって、
こういう感じなのかな〜とか想像します。
いや、何十年も一緒に過ごしたわけじゃないんだから、
そんな偉そうな立場じゃないな〜、
学校の先生とか塾講師の人たちの気持ちに近いか。
でもやっぱり、一緒に育て上げるような気持ちからすると、
親の気持ちに近いのかな。
すみません、どうでもいいですね。(苦笑)

th_6.jpg

とにかく、もう、

その街に溶け込んでほしい。

自分らしく、うまくやっていってくれよ!


th_7.jpg

中道さんご家族のこれまでの暮らしと
うまく絡み合って一つになってくれそうなお家になってきています。

あともうちょい。気は抜けません。笑

今週土曜、オープンハウスです。


ホソダ
posted by ニコ at 02:17| 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月31日

食べるところが重要なのです

春ですね。花見ですね。

さて、ご報告が遅くなってしまいましたが、
3月19日発売の[住まいの設計]2016年5,6月号に
前川さんの家が掲載されました!

今回は、キッチン特集ということで取り上げて頂きましたが、

th_1.jpg

な、な、な、なんと表紙!!!

th_2.jpg


(ヒャッホー!!!笑)


th_3.jpg

住宅雑誌で食べ物を表紙に持ってくるとは、
[住まいの設計]さん、やりますね。笑

いや〜嬉しいかぎりですね。

以前、西久保が書いていましたが、
大事にしている部分が伝わったようで、嬉しかったですね。

th_4.jpg


食べるところが重要なのです。


本屋さんで見かけたら、是非!


ホソダ
posted by ニコ at 18:12| 雑誌掲載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

まだまだ続く




うしです。

今日は、マシューズさんちの取材撮影に立ち会ってきました。






DSCF5437.JPG




どうやら、マシューズさんの施主力に
上限はないらしいです。




DSCF5441.JPG





DSCF5464.JPG





DSCF5459.JPG





DSCF5483.JPG





DSCF5456.JPG





DSCF5455.JPG



カメラマンさんは

前回、前川さんちを撮影してくださったノリの良いカメラマンさんでした。


今回も、全力でのせてくれました。


DSCF5468.JPG



「いやーもう、最高ですね!!!」

「撮るとこありすぎ!!」




牛(、、、、、ド、ドヤァ)



DSCF5476.JPG






DSCF5494.JPG


今回のテーマは、「楽しい家」だって。






マシューズさんちにぴったりなテーマ。


DSCF5450.JPG



こーんな楽しいおうち、ないない。




posted by ニコ at 18:34| 竣工後のおうち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

根はいい子なんです。

うしです。


そろそろ、現場入りが見えてきた
中野区の小田原さんのおうちをご紹介させてください。


小田原さんに最初にお問い合わせ頂いたのは
えーっと。
もう2年前になるのですね、、、、。
(このニコの亀っぷり。。。)


敷地は、中野の古い商店街の一角にあり
小田原さんは、もう長いこと
その商店街の近くにお住まいでした。

昔ながらのお店が並ぶ、素敵な商店街。


IMG_9886.jpg



小田原さんと打ち合わせがてら近くのお店に入れば、
そこにいる皆が家族のようで
「いつ家できるの?」「なんかお店やってよ」「みんな待ってるよ」と、
いつも気にかけてくださるのです。


連れて行ってもらうたびに

ああ、頑張らねば。
小田原さんの為にも、商店街のひとたちの為にも。と

ぴっと背筋が延びる、わたしたちなのでした。



IMG_9879.jpg




さて、話は飛びますが

お施主さんたちは、みなさんどなたも
多かれ少なかれ、

こんなおうちに住みたい、こんな間取りにしたい、と
なんとなく「ウワモノ」のイメージを持って、
ニコに来てくださるのですが


そもそも、敷地には、
「もともとそなわっているもの」があると思います。


それは、目に見える
既存樹や、塀、井戸もあれば

目に見えない、街の歴史や風景、方角や日当りなどの環境、
近くに住む人々の人柄などもあります。



IMG_9845.jpg




こういうものは、
大体、敷地を擬人化して考える方が
すっと頭に入りやすいのですが、、、



例えば、
目立ちたがりなくせに、シャイな部分もある子とか。
(角地だけど、いろんな意味で奥ゆかしい敷地)

若い人たちに囲まれてるけど、意外と老人みたいな性格、とか。
(新築ピカピカのハウスメーカーに囲まれてるけど、
実は街の歴史は古かったり、古いものがポツポツ残る街並)

こっちから見ると、ブチャイクだけど
この角度から見ると、可愛いのよ。とか。。。
(立つ位置によって、風景がガラっと変わる敷地)


まずは、この敷地は、どんな子なのだろう?
そして、この子には、どんな建物が、相性いいだろう?

というのが、実際のところの
設計スタートなのかなーと思います。



IMG_9915.jpg





さて、前置きが長くなりましたが

小田原さんの敷地さんはというと、、、、



これまた、気難しい性格の
それはそれは手のかかる子なのでした。




「根はいい子なんです!
ちょっとだけ、ひねくれてる部分もあるけど、、、

かわいい子なんです!」


という感じでしょうか。。。




いや、ほんとに、とても楽しい敷地なのです。
まさに、商店街に面していて

半分は、商店街のひとたちの為のものであり
半分は、小田原さんの為のものである敷地。



西久保さんが講師をしている明治大学の課題も
商店街を敷地とした課題だからか

商店街について、考える機会も多いですし
住宅街にはない魅力がたくさんあります。



ただ、この敷地一帯は
地盤があまり良くないので
ウワモノを出来る限り、軽くしないといけません。

重ければ重いほど、地盤改良がおおごとになるからです。


軽量化、軽量化。
やっぱり、木造が一番、軽いので
木造で行くかと思いきや、、、


法規を調べると
防火条件が厳しく、3階建て規模のおうちは
耐火建築物にしなくてはいけません。

耐火建築物、、、、、。

木造でも耐火建築物に出来ないこともないのですが
コンクリート造か鉄骨造にした方が、ずっと、手っ取り早い。


小田原さんのツボノートを見てみると
きっと、木造かコンクリート造の方が
イメージに近いだろうなぁ。

ということで、必然的にコンクリート造を選択。



だが。

コンクリート造にすると、重い。

地盤的には、軽くしたいのに
法規的には、軽くできない。


という、法規と地盤が完全に相反する
矛盾した子なのでした。







結局、色んな方のアドバイスを聞きつつ
頭をひねりつつ抱えつつ

構造の方からも「軽くしてね」とつつかれつつ、、、、
でもここはやっぱりせっかくだから
RCで打ちたいよなぁ、、、という希望も織り交ぜつつ、、、、




なんとか、書き上げた計画は



基本的にはコンクリート造なんだけれど、、、
コンクリート量を出来る限り減らし、
いろんな部材が見え隠れする

パッチワークのような、なんとも不思議で、楽しいおうちになりました。





見積調整の最終局面に来て
改めて、おうちを見返すと


この敷地の性格がなくては
絶対に、このおうちはうまれなかっただろうなぁと思いますし

前述した法規や地盤だけでなく
いろんな要素が絡み合った結果、うまれたものなので

なんとなく、自分たちの予測出来る範囲を越えて
どんなおうちになるのだろう、、、とワクワクしています。




そして、ニコとしては
久しぶりの総RC造!


現場が楽しみです!




というわけで

春から現場の仲間入りする小田原さんのおうち。



乞うご期待くださいませー。




DSCF4940.JPG




うし。




posted by ニコ at 16:34| うししし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

乗せ上手

th_0.jpg

暑かったり、寒かったりで、皆さん体調崩されていませんでしょうか?

th_1.jpg

さて、もう先月のこととなりますが、前川さんのお家の雑誌の取材がありました。

th_2.jpg

天候にも恵まれて、撮影も順調に進み、楽しい撮影でした。

th_3.jpg

前川さんの手料理、おいしかったです。ありがとうございました。

th_4.jpg



th_5.jpg


撮影終了後には、学校が早上がりだったお子さんと近所の子供達が一気になだれ込み、
家は一気に子供達の遊び場に。(笑) タフなお家でよかった〜、と一安心しました。

th_7.jpg

さて、この日 印象的だったのが、カメラマンさん。


th_8.jpg


お家に入るなり、


「 いや〜、すごいイイっすね〜 」




(そうでしょ。)



「 このアングルもイイですね〜 」




(よく気がつきましたね〜。やりますね〜。)



「 あ、ここからも一枚もらっていいっすか? 」




(ですよね〜。家具移動しましょうか?)



「 こっちこんな感じのショットもらってイイですか。あっ、イイですね〜 」


( 小籠包を!?もはや何の雑誌!?笑 )



th_9.jpg

ってな感じで、本気で楽しんでいるのか、演技なのか(演技なら もはや 素晴らしい技術)。

いつもよりリクエストの多い撮影にもかかわらず、
自分たちの設計がうまいのだと勘違いし満更でもない感じになり、
うまいこと動きまわらせて頂きました。(笑)

見事に乗せられたな〜と思いつつ、楽しんでくれているのが伝わってきたし、
そんなにノリノリなら、こっちもそれに応えなくてわ!と、
わかっていながらも乗っかっちゃうのです。

あんまりにも「イイっすね〜」多いと、
「本当にいいと思ってる〜!?」ってなりますが。(笑)


まー何が言いたいかと言いますと、

僕たちはそんな感じですので、

撮影に限らず、うまいこと乗せて頂ければ、

思いのほか動きますよ!(笑)

th_6.jpg


来月中頃発売!楽しみです!


ホソダ
posted by ニコ at 04:13| 竣工後のおうち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

若井さんの家ー上棟



待ちに待った、荻窪若井さんの家の建て方。
小雨の降り止まぬ、あいにくの天気でしたが
そんなことも気にならないほど
やはり職人さんたちは、格好良かった。

カメラが濡れるのも構わず
コマ送りすれば映像が出来るくらい写真を撮りまくりました。
(おかげでカメラは一瞬壊れかけました。ごめんよカメラ。)

私の頭の中では、
建て方=おいしいごはんが食べれるとき
と、以前ブログに書きましたが

最近は、
建て方=職人さんを目でなめまわすとき、と変わりました。

しなやかな動き、
単管の上を綱渡りのように動き回れる体幹、
掛矢(トンカチの5倍くらいのやつ)を
「あれってもしや見た目より軽いのか?」と
思わせるくらい、軽々と振り回す筋肉。


ヨダレものです。
(あれ、なんだか変態チックな文章に、、、)


DSCF4730.JPG


IMG_5593.JPG


IMG_5760.JPG




出来ればもっと至近距離で見ていたいのですが
やはりこの日の職人さんたちは
危険な作業ということもあり
和やかな雰囲気の中にも
どこかぴりっと、緊張感が感じられ

ひょこひょこ近づいて気を散らせるのもはばかられ
遠巻きに見ておりました。

生まれ変わったら大工さんになりたい。


DSCF4845.JPG


DSCF4813.JPG


DSCF4711.JPG


IMG_5614.JPG



さてさて、
年末に予定していた上棟が年始にずれ込んでしまったのは
木材の加工に予想以上の時間を要したからだったのですが

実は、見積の段階のときから
プレカット屋さん(木材を機械でカットして持ってきてくれる工場のこと)からは
散々「難しい、難しい」と言われ続けていました。

若井さんの家は、割とシンプルな間取りの2階建て。

そんなに難しいかなー?、、、と
わたしたちも不思議に思っていたのですが

送られてきた木材の仕口を見て
即座に心の中で土下座しました。
見た事もないくらい、複雑な仕口でした。


IMG_5743.JPG


IMG_5657.JPG


DSCF4850.JPG


DSCF4788.JPG


DSCF4720.JPG



そして、いつもなら
建て方のときには、いないプレカット屋さんが
3日間がっつり現場に居てくれました。

設計担当の人も、加工担当の人も
中には片道3時間の道のりを、駆けつけてくれた人もいて

なんだかいつもより、職人さんの数が多いなーと
のんきに思っていたのですが
まさかプレカット屋さんだったとは思わず、、。


DSCF4736.JPG


DSCF4761.JPG


DSCF4838.JPG


IMG_5648.JPG





「どうしてもこの日に」という希望に
工務店さんも、職人さんも、プレカット屋さんも
みんなが一丸となり、走りきってくれて
雨の中、黙々と作業してくれている。

どう感謝を伝えたらいいだろうか。
またこのチームでおうちを作りたい。

ただただ、離れたところから、念を送っておりました。



IMG_5662.JPG


IMG_5790.JPG


DSCF4832.JPG




とても大きなバトンを、
職人さんたちから受け取った気がします。

このとてつもなく大きなバトンを持って
必ずゴールしなければ。
絶対に、素敵なおうちにしなければ。


元はと言えば、若井さんから渡された大切なバトン。

私たちが受け取り、構造の桑子さんが受け取り、
工務店さんへと渡り、また私たちが受け取り。

受け継ぐたびに大きく、重くなっていくバトン。



必ずこのチームで、ゴールテープを切るのだ。


IMG_5797.JPG


L1140604.JPG



そして、勝利の美酒を、みんなで、、、。


うし。

posted by ニコ at 22:02| 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

行ったり来たり。



また新たな物件の設計図書をかいている。



かきながらも、どんどんどんどんイメージは膨らんでいってしまう。


かいては消して、かいては消して


平面図にいって、断面図にいって、また平面図にもどって







行ったり来たりをずーっと繰り返している。




竣工するまで、ずっと。




行ったり来たり。。。。。




一度、決断したことですら、もう1回迷ってみる。




進んでいるような、進んでいないような。



3歩進んで2歩下がるって

まさに、このことだなぁ。。。。






後悔しないか?


ああ、やっぱりあのとき

無理を承知で、怒られてもいいから、言ってしまえば良かったって


最後に思うくらいならなぁ、、、





うーーーーん。










うし。
posted by ニコ at 20:27| うししし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

ハピニュヤ



明けましておめでとうございます!

今年も全力失踪、、、、イヤ、疾走したいと思います。



皆様、どのようなお正月を過ごされましたでしょうか。



うしは、久しぶりに、我がふるさと熊本に帰省しておりました。

今年こそ、「熊本出身です!」というお施主さんに出会いたいなー。




さて、今年の予定も、既に盛りだくさん。


前期だけでも、4、5軒が竣工予定です。






果たして、ニコ6人で乗り切れるのか!?

スタッフは常時大募集中ですよーーーーーーーーー!笑




では、今年も皆様
どうぞよろしくお願いいたします。




うし。
posted by ニコ at 18:57| うししし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

3年目の目標



うしです。



今年って3ヶ月くらいしかなかった気がするなー。





毎年、年始に

今年一年の目標を紙に書いて
デスクの横に貼るのが

なんとなーく習慣になってきているのですが





ニコ入社1年目は


「謙虚」と書きました。



下っ端として、ひたすら動き回ること。

教えてもらうチャンスを逃さないこと。

出逢う人、物事に対して
謙虚な姿勢でいよう、と思って書きました。



そんな気持ちで、
がむしゃらに働いた1年目。






そして、迎えたニコ入社2年目の目標は





「No.1プレイヤー」










1年目の目標はどこへ!?





謙虚さがどこにも感じられません。

もはや仲間も押しのけてシュート決めにいく的な
天上天下唯我独尊の気配さえします。







書いたときは、そんな気持ちじゃなかったんですけどね。。。






ルーキーのままで
知らぬわからぬではもう通用しないぞ、と

先輩たちの仕事すら奪う勢いで
とにかくコート内を一番走り回る奴になるぞ、と

うしはもう1人立ちしたね、大丈夫だねって
言ってもらえるようにと

それなりに、強く心に誓った大事な目標だったんですが






結果的に、1年目2年目を並べてみると

明らかに1年目の目標忘れてんな自分、って思いました。笑



そして2年目の目標も
ぜーんぜん、ダメだったなー。




3年目は、これまでの目標もちゃんと踏襲しつつ
更に高みへのぼって行けるような

そんな目標を書きたいと思います。






って、自己反省ばかり書いてしまいましたが、、、




今年もみなさま、本当にお世話になりました。



来年もニコ一同、全力でやってきますので
どうぞよろしくお願いいたします。



うし。
posted by ニコ at 19:05| うししし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする